銀行カードローンを利用するさいにある保証会社とは

カードローンは、専用のカードや既存のカードなどを使ってお金をCDやATMから借り入れることができるサービスのことです。

以前はカードローンといえば銀行が行うものでしたが、近年は大手消費者金融などの業者でもこの名称を使っています。

消費者金融と銀行との違いとしては、金利設定が異なることや審査基準の違いなどがあり、銀行のサービスの方が、金利も低い代わりに審査基準も厳しいといった違いがありましたが、現在では保証人に保証会社を入れることで審査基準をゆるやかにしたサービスも増えています。

以前の仕組みであれば、利用者がカードローンで借りたお金の返済が困難や不能になった場合にはサービスを提供している会社や業者が損失を穴埋めする必要がありましたが、現在多くのサービスでは保証人に保証会社や消費者金融がなることで、直接的な損失が出ない形となっています。
このため、それまでの審査基準よりも引き下げて利用することが可能になっています。

ただし、金利は保証料の関係から高めに設定されており、中には消費者金融と変わらないところもあるので注意が必要です。

しかし、地方銀行でもこの手のサービスを行っているところが増えており、それまで信用力の低さから審査に通らなかった人でもカードローンを利用することが可能となっています。

また金利は高いといってもよく利用する銀行であれば、支店や設置してあるATMコーナーも多くあり、いつでも利用できる利便性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です