銀行における借入限度額はどのくらいになるのか

日常生活の中では常にまとまった額の出費に悩まされ続けるもの。

もしもこういった中で何らかのお金の不足が生じた場合には、迅速に消費者金融や銀行などで借入手続きを行うとスピーディーに不足額を補うことができます。

特にカードローンや振り込みローンなどは申込みや審査が手軽に行えて原則として即日融資を得られるでしょう。

この時、利用者が最も知りたいのは、いくらくらいまで借り入れが可能なのかということでしょう。

実際、消費者金融でこれらの手続きを行う場合には総量規制という決まりごとが浮上してきます。
これは年収の3割を超える融資は行えないというもので、他社の借入も含めてこれが限度額の目安のひとつとなります。
また、これ以外にも消費者金融独自の融資ガイドラインに沿って限度額が決定されますので、すべては申請者への信用度を総合的に判断した結果、限度額が産出されることとなります。


これに対して、銀行の借入の場合には消費者金融のような総量規制が適応されません。
つまり年収の何割という融資のボーダーラインはなく、あくまで銀行独自の判断で信用度を見積もりし、なおかつ限度額を算出することになるのです。

とはいえ、銀行では無制限に借り入れが行えるわけでなく、申請者が返済不履行に陥らないように様々な面でチェックを重ねた結果、借入の可否、および限度額が決まります。

中には消費者金融では審査通過できたのに銀行では落ちてしまったというケースもありえますので、まずは口コミなどでしっかりと申請先の情報をチェックした上で、自分に最適の借入先を見つけることが大切と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です