融資を受けた場合の返済方法について

銀行や消費者金融は、融資を行っています。
銀行は個人にも法人にも行っていますが、消費者金融は個人向けにのみ扱っています。

法人に対して、消費者金融のように融資を行うノンバンクとしては、商工ローンがあります。

返済方法は、契約の内容によって定まります。
借金は消費貸借契約であり、内容は私的自治の原則が適用されるため、当事者の合意で定まるのです。

ただし、契約約款は、予め定まった定形的なものを用いるので、合意とはいっても利用者が承諾するのに近い形になります。

返済のスタイルとしては、元利を毎月均等にし習っていく方法がオーソドックスです。
これは、毎月の支払いが均等になるので、資金計画が立てやすいというメリットがあります。
もう一つは、カードローンのように、毎月元金は支払う必要がなく、一定の利息のみの返済でも良いというスタイルです。

利息だけの支払いが可能であるため、資金に余裕がない場合でも助かる仕組みではありますが、返済額は一切元金に充当されないため、借入金額は減っていきません。
そのため、計画的に利用できない場合には、払う利息の額が大きくなってしまうというデメリットがあります。

以上のように、返済方法はいろいろあり、今あげた以外にも合意によって設定される内容が異なる場合があります。

ただし、いずれにせよ利息は発生していきます。

そして、利息は借りる額が大きいほど、その影響を受けていきますので、借りる場合はできるだけ金利が低い所を利用したほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です