消費者金融の審査に通らない理由はコレ!

個人信用情報でネガティブ情報がある

審査の際は、個人信用情報を元に申込みしてきた人が信用できるのかを見極められます。
個人信用情報には、延滞や債務整理の情報が載っています。

携帯電話の料金や奨学金、クレジットカードの支払いの延滞なども情報として残るため、過去にそのような事があった人は審査に通らない可能性があります。ただし、情報が残る期間は決まっていて、延滞であれば1~5年で情報は消えます。そのため、それ以降であれば審査に通る可能性があります。
 
現在どのような情報が記載されているのか確認したい場合は、だれでも信用情報機関に情報の開示を求める事ができます。
信用情報機関は3つあるので、それぞれに申請をして確認します。

既存の借入れ額

既に借入れがある場合は、お金を返してもらえない可能性があると判断されて審査に通らない可能性があります。
また、同時に複数社申込んだ場合も同様に判断されます。

すでに借入れがあっても返済能力がある場合は、総量規制をクリアできれば審査に通り、借入れする事も可能です。

勤務期間や安定性

例え収入が少なくても、長期間同じ職場で働いている人は信用が上がり、審査に通りやすいです。
一方で、勤務期間が1年未満の人や単発の仕事で収入の安定性がない人は審査に通らない可能性があります。

また、専業主婦の借入は消費者金融NG。
専業主婦の場合は、パートなどで働き始めれば借入れが可能となります。

働き始めたばかりの人は、1年以上働いてから申込みするのがおすすめです。

以前の審査の影響

以前に審査に落ちたことがある人は、別の会社にすぐに申込むと審査に通らない可能性があります。

立て続けに申込みをすると、とてもお金に困っていると思われて信用性が低くなってしまうので、注意が必要です。

以前の申込みから少し期間をあけて、新たに申込みをするのがおすすめです。

審査の甘いところはあるの?

審査が甘いところは法律違反の会社である確率が高いため、注意する必要があります。
普通の会社であれば、信用できる人にだけお金を貸すため、常識的な審査基準があります。

基準を満たせない人も借りられる審査の甘いところは、その分何らかのリスクがある可能性が高いです。

また、ブラックOKとうたっているところも危険なため注意が必要です。
審査に通らない可能性が高いと感じている人にとって、審査が甘い

甘い誘い文句に注意

ブラックOKというのはとても魅力的な言葉に感じるかもしれません。
しかし1度でも利用してしまうと、借りた後に後悔する事になるかもしれません。

まずは、自分自身を審査に通るような状態にすることが大切です。